【納涼会】地震・雷・火事・パスタ。

こんにちは。クリーブ採用担当です。

今年の夏は本当に大変でしたね。異常な暑さに豪雨、台風、地震…。犠牲になられた方、被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。
みなさんのお住まいの地域は大丈夫でしょうか。これ以上、災害が起こらないことを祈るばかりです。

 

 

さて、クリーブでは去る9/1(土)に納涼会を行いました。

今回の納涼会は二部構成で、9/1は防災の日ということで一部では防災体験、そして二部では親睦会を楽しみました。今回の記事は、この納涼会をざっくりとレポートしていきます!

 

これが自然の恐ろしさだ!

さて、まずは防災体験の様子から見ていきましょう。

防災体験の会場は東京都墨田区の【東京消防庁 本所防災館】

こんな撮影スポットがありました。ナイスな笑顔ですね。

 

体験スペースまでの通路には写真などの展示がされています。

 

そしてレインコートをがっちりと着込み、まず初めに体験したのは

暴風雨!

 

ガラス越しで少しわかり難いのですが、前方から強烈な雨と風が吹きつけて来ています。
普通に立っているなんてできなくて、前かがみでつかまり立ちしないと無理!!歩けません。
台風が通過する中で外出したことがある方は多いとは思いますが、これは次元が違いました。
こんな状況下で転んだり何かものが飛んできたりしたら…と考えると恐ろしいですね。

 

 

道具は使えなきゃ意味がない!

さて次の体験は消火体験です。さすがにこちら、本物の炎では危険なので消すのは画面の向こうの炎ですが、使うのは本物の消火器です。
火の不始末以外にも落雷や家電製品の故障など、火災発生の原因は沢山あります。疎かにしてはいけません。

 

ところでみなさんは消火器の正しい使い方、わかりますか?あちこちの建物や家にも置いてある消火器ですが、いざという時にきちんと使えなくては意味がありませんね。
試しに使ってみる…というのも普段は難しいので、使い方を再確認するいい機会でした。

ちなみに消火器って、製造から10年で使用期限が来るそうです。私の家にある消火器は…おそらく、期限切れてます…。
使い方だけでなく、こういった道具や設備の見直しも万が一に備えてしっかり行いましょう!

 

 

親父なんかより100倍怖い。

最後は大型地震の体験です。映像ではないので揺れが伝わらないのですが、震度5~7の揺れを体験しました。

弊社代表も大きく揺られております。

日本は世界でも特に地震の多い国です。大きな地震が発生した際に焦って怪我をしてしまったり、行動が遅れて家具の下敷きにならないよう、冷静な判断ができるよう備えておかなくてはいけません。

大地震がどんなものか、知っているだけでも変わってくるのではないでしょうか。

 

 

さて、防災体験はここまでです。
続いて第二部、懇親会の様子をレポートしていきます。

 

麺!!!!!

場所が変わりまして懇親会の会場は錦糸町の【洋麺バル PASTABA】。
名前の通り、パスタ料理がメインのお店です。が…

ちょっとカメラマンさん…パスタの写真ないんですけど…??なんてこった。

 

「ウェルカムドリンク」はよく聞きますけど、「ウェルカムデザート」なんてものがあるんですね。
奥のメロンがそれで、最初に割りばしに刺さったメロンを豪快に頂きました。ワイルドだぜ。

 

途中、会場内に設置された大小さまざまな宝箱を探す楽しいイベントも。

写真は景品交換所スタッフに扮する社員のIさん。

なんと景品は子どもが大好きなお菓子の詰め合わせパックが最後まで残ってしまいました。ラスト1個があまりにも見つからないので、焦る大人と全力で探すちびっこ探索者。
最後は勇者が現れて無事に宝箱を見つけ出し、お菓子を持ち帰ったようです。

 

食べたり飲んだり話したりしながら、あっという間に2時間が過ぎていました。
この日は天気が不安定だったのですが、帰る時に雨は止んでいて一安心。お疲れ様でしたー!

 

今回の記事は以上になります。記事内には載せていない写真も沢山あるので、良かったらGalleryからチェックしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です