就活Q&A 【面接で熱意を伝えるためにはどうすればいい?】

面談を通して感じた、上手な熱意の伝え方

 

こんにちは、クリーブ【欅グループ】採用セクションの永田です。

面接で熱意を伝えるのって、結構難しいですよね。自分は一生懸命伝えようとしているのに、実は全然伝わっていなかったり、全然違う意味で捉えられていたり。。。

 

ここでは、ぼくが日々いろいろな方とお話しする中で感じた、熱意の伝え方について書いてみようと思います。

 

1. 質問をする

やはりこれは一番良い方法だと思います。相手に興味を持っていることを伝えることができますし、自己PRにつなげることもできます。

質問をされて(興味を持たれて)嫌な人(会社)はいないと思いますので、どんどん質問をしてみましょう。

 

 

2. 提案をする

「質問をする」と重なる部分もあるかと思いますが、その会社の事業などについて提案をしてみましょう。

提案ができるということは、それだけ会社に興味を持っているということですし、真剣に考えているということだと思います。それができれば、熱意は伝わるはずです。

 

いかがでしょうか。

伝え方はいろいろあるかと思いますが、まずは相手(会社)に興味を持つことが重要だと思います。まずはどんなことでも良いので興味を持ってみることから始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です